借金の無料相談を受けるべきです。(女性/30代)

女性/30代

私は就職して間もない頃から、仕事で溜まったストレスを買い物や外食で発散させていました。

30代に突入すると、ブランド品を購入する機会が増え、クレジットカードを多く使うようになりました。
そして、33歳の時にクレジットカードの返済が難しくなり、消費者金融会社からお金を借り始めました。

返済と借り入れを繰り返す中で、私の借金は莫大な金額になっていきました。

しかし、その危機的状況を直視するのが怖くて、見て見ぬふりをしていたのです。

ついに35歳の春、私の携帯電話だけでなく職場にも返済を要求する連絡が来るようになり、
周囲の人々に多大な迷惑を掛けることになってしまいました。

この時初めて、自分の行動を反省し、借金問題を本気で解決しなきゃと思いました。

ただ、精神的に限界の状態になっていた上に手持ちの資金がなかったため、どうすればいいか分かりませんでした。
そんな時、故郷の両親から電話が掛かってきたのです。

久々に父母の声を聞き、胸が熱くなりました。。

これを機に、「高齢の両親を心配させてはならない!」と自分自身を奮起させて、借金問題について本腰で調べました。
すると、近場で借金の無料相談会があることを知り、行ってみることにしたのです。

借金の現状と経緯を弁護士に説明すると、債務整理で借金から脱却する方法を教えてもらいました。

そして、そのままその弁護士に正式な手続きを依頼した所、
借金が減額されて、今は普通の生活を送ることができています。

確かに借金を誰かに打ち明けることはとても恥ずかしく、勇気がいることだと思います。

しかし、手遅れになる前に街角相談所-法律-などの無料相談サービスを利用することをオススメします。